なぜFacebook戦略なのか


私は10年間アパレル業界で働き、その後人材派遣・紹介、人材育成に関わり、2015年春で15年目を迎えます。

特に人材に関わる事業を行うこの14年間、様々な社会の変遷を見てきました。

人材派遣の隆盛期、リーマンショック、労働者の雇い止め、派遣法の改正…

働く人のニーズは多様化してきました。

この就職、人材採用の現場の構図として、採用時にお金を支払うのは企業です。

求職者は自身の時間、労力で就活し、無償です。

(近年は「お祝い金」という仕組みも登場してきています)

人材会社はいかに「良い人材」を集めるか、が収益の基礎となります。

結局この業界は「人を集める」ことが根本なのです。
そこで主に用いられるのが「求人サイト」です。

皆さんも経験ありませんか?

何らかの求人サイトに登録したことがある、お仕事を探したことがある…

求職者は複数のサイトに登録し、一番条件の良い仕事を選んでいきます。

私はこの既存の「求人サイト」の集客力に限界を感じていました。

ある時どうしても期日までに10数人の人間を集めなければいけない、という案件がありました。

私は社員に「どんな手を使っても構わないから人を集めてくれ!予算は関係無い!」と、

社員はどうしたか、Facebookやツイッターを使って呼び掛けました。

するとあれだけ苦労していたサイトとは裏腹に、必要数の3倍以上の人が集まりました。

これはなんだ?!

始めて「Facebookの力」を目の当たりにしたときでした。