大胆作戦「私もうコメント返ししません!」の結果はいかに…


自分が何者なのか、
自分のアイデンティティーだけ投稿していても、
フェイスブックユーザーからコメントは増えません。

 

 

しかし、きちんとお客様の悩みに対して
解決していくと、

 

 

それも
毎日定時に投稿を繰り返していくことで、

 

 

確実に
「待っている人」が現れてくるモノです。

 

 

その現れに、
フェイスブック投稿にコメントが増えてくるのです。

 

 

このコメント、
増えたら増えたでコメント返しに
時間を取るなぁ~と思っていませんか。

 

 

「コメント返し、しなきゃいけないのか?」
「似たようなコメントばかりだし…」

 

 

ストレスになってきていませんか?

 

 

そのストレスに
鉄槌を加えた女性起業家がいます。

 

 

日本のダイエット界を牽引する
M.Tさんです。

 

 

彼女がいかに発想を切替えて、
ストレスを軽減し、たった21日間で
有効有益な新たな友達500人を増やしたのか…

 

 

彼女は大胆にも
「しばらくは新しいお客様にしか
 コメント返ししません!」
と友人たちに宣言したのです!

 

 

私たちがコメントを入れても、
コメント返ししてくれなくなりました_^^笑

 

 

M.Tさんは主婦であり、
母親、
そして自身のダイエットセミナーも主催しながら、
栄養学を学ぶ現役大学生でもあります。
時間がありません。

 

 

友人たちへの宣言は、
いかに時間を有効に使うか
苦肉の策だったのです。

 

 

その代わり、
新しい友達(未来の客様)との会話を
積極的にして、
どんどんお友達を
増やしていくことに注力したのです。

 

 

その結果、
彼女のもう一方の宣言通り、
たった21日間で
新しい友達500人を増やしていったのです。

 

 

しかしこれも簡単な作業でないことは、
やってことがある人なら分かるはずです。

 

 

だって私たちは「誰でもいい」とは思っていません。

 

 

基本的には、
その先につながりたい人としかつながりません。
友達は選んでいます。

 

 

だからこそ、
M.Tさんの策は諸刃の剣です。

 

 

すでにつながっている

・レバレッジパートナー
・有効有益な友達
・未来のお客様
・既存の友達

彼らに意図を説明し、
理解を得ておかないと、
大変なことになってしまいますからね!

 

 

何より、そこに至る信頼があっての策なのです。

 

 

トライアルの成功例でした。