ゴールが明確になるからこそ、Facebookがシゴトになる!


世界の打楽器を自在に操る
パーカッショ二スト:セコ・サンチェスさんは、
ドラム、パーカッションを自在に操ります。

 

 

そして世界中の様々なミュージシャンや、
他ジャンルのアーティストとの
コラボレーションイベントを
数多く手がけてきました。

 

 

セコさんはそれらイベント情報や、
LIVE時の動画を
自身のWebサイトにて配信しています。

 

 

ところがそのサイトの数は
尋常でありません!

 

 

セコ・サンチェスのH.P、ブログ、Facebookページ

ドラムサークルのH.P

アーティストのFacebookページ

コラボイベントのYouTubeチャンネル

 

 

これだけのサイトを管理、
運用していくのは、私でさえ
いっぱいいっぱいになってしまいます。

 

 

ましてやセコさんの本業は
サイトの管理者ではありません。
ミュージシャンです!

 

 

私は本業にフォーカスできるよう、
不必要なサイトを整理するよう
セコさんに気づいてもらいたいと思いました。

 

 

しかし頭ごなしに
「これとこれは必要ありません」と
言ったところで理解されないでしょう。

 

 

結局は残されたWebサイトも
期待通りの効果が出ないまま、
運用されなくなってしまうのがオチです。

 

 

私はセコさんオリジナルの
ヒットルート構築を提案しました。

 

 

多くのミュージシャンは
自分の音楽を発信しています。
多くの人にLIVEに足を運んでもらい、
自分のファンになってもらいたい。

 

 

しかしその先に何かを決めているでしょうか。
ゴールはどこなのでしょうか…。

 

 

私はセコさんのゴールを決めることから
始めたのです。

 

 

これまでセコ・サンチェスさんの
イベントやLIVEに参加した方々の声を
拾っていきました。

 

 

そこからバックエンドの商品を
創造していくのです。

 

 

誰に、
何を、
どのように伝えていくことで、
セコ・サンチェスさんの世界観が
お客様の心を掴んでいったのか!

 

 

情報過多の時代だからこそ、
逆に私たち発信者にも、
お客様が知り得たいキーワードを
掴むことができるのです。

 

 

自分自身のゴールが明確になり、
カタチ創るヒットルートがイメージできる
ということは、

 

 

自分が進むべく道も
自ずとハッキリしてくるのです。

 

 

誰に向けて、
自分の商品をどれだけの量で、
どれだけの頻度で、
伝えていくことが効果的なのか

後はそれだけです。

 

 

やみくもにFacebookで発信しても、
その投稿はニュースフィードに
埋もれてしまいます

 

 

H.Pを作り、LIVE情報を載せただけでは
お客様の目の前に届きません

 

 

ブログを書いても、
あなたのファンでない限り、
読まれることはないでしょう

 

 

あなたのゴールを決めることから
始めてください。

 

 

そうすることで、
あなたの一つ一つの考動が意味を成してきます。

 

 

Facebookで、ブログ、H.Pで、
何をしなければいけないかが見えてきます!

 

 

セコ・サンチェスさんから
セミナーの感想を頂いています。

 

=====

 

もともとネットをどれだけ活用できるかって
すごく重要だと分かって
自分なりに色々やってきたつもりなんです。

 

 

ホームページ作ったり、
ブログを書いては消したり、
フェイスブックをまめに更新してみたり、
Youtubeに動画を配信してみたり、
本当に色々やってきた”つもり”でした。

 

 

このセミナーを受けるまでは。

 

 

実際にうまくいっていたら
セミナーにも興味なかったでしょうし、
自分の中で
何か引っかかる物を感じて受けました。

 

 

結果からいうと、受けて大大大正解!

 

 

目から鱗とはまさにこの事。

 

 

私は生徒には良く言っていました。
『いくら努力しても
 努力の方向性を間違えたら
 何にもならないよ』と。

 

 

いままでの自分のネット戦略に
言ってあげたいですよ。

 

 

ミュージシャンの方に限らないですが
ネットを駆使して可能性を広げたい方、
絶対一度話しを聞いてみると良いですよ。

 

はっきしいって”おすすめ”です!!

 

=====

 

セコ・サンチェスさんの公式ホームページです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.seco-sunchez.com/

 

13754122_1479686978724168_5184905082447200695_n.jpg