断言できます!「自分のこだわり」は正確ではありません


今日は早朝から
あるところに出掛けていました。

 

 

昨夜の時点で天気予報では
10時過ぎから「雨」
午後には「雪」となっていて、

 

 

「やばいな、保ってくれるといいなぁ」
と思っていたのですが、

 

 

最近の天気予報は正確ですね!

 

 

予報通り、
10時ごろからポツポツと降り始めてきました!

 

 

こんにちは
雨が降ってもゴルフに行っていた

Facebookファンメイクコーチ
出村 嘉章です

 

 

前回はビジネスに必要な3つの要素のうち、
「集客動線」について話しました。

 

 

今日は「売るモノ」について見ていきます。

 

スクリーンショット 2017-02-09 19.45.07.png

 

Facebook投稿しているけれど
何屋さんなのか伝えられていない

セミナーをやっているが
バックエンドが決まっていない

人と会う機会が多いけれど
次に伝えるモノがない

 

 

あなたは大丈夫ですか。

 

 

せっかく目の前にお客様がいるのに
伝える商品がない、
なんてことになっていないでしょうか。

 

 

お客様がこんなモノが欲しいと思って
ネットで検索しているのに、
答えが出てこない…

 

 

そんな商品をあなたが持っていたら
自信を持って、
「控えおろーー!」と印籠を差し出しませんか。

 

 

私だったら真っ先に欲しいと思いますよ!

 

 

お客様がまだ気づいていない課題を、
ある記事を読んだ時に、
「あ、自分もそうだ!」とふと気付きました。

 

 

その課題を解決できるモノを
あなたが商品化していたとします。

 

 

お客様の方から聞きに来ますよね!

 

 

口伝するだけでなく、
セオリーで見せられる
〝カタチ〟になっていますか?

 

 

「売るモノ」を創るにはコツがあります。

 

 

ほとんどのケースで言えること、
それは「自分がいい」と思った商品は
売れませんね^^;

 

 

冗談ではなく…

 

 

「こんな事がやりたいです!」

 

 

それは自分がやりたいだけで、
お客様が欲しいとは限りませんよね!

 

 

「◯◯さんがやっているあのサービス、
 自分の方が上手くやれると思うんです!」

 

 

いえいえ、
もう◯◯さんがやってますから!

 

 

「私はこんな事ができるんです!」

 

 

あなたはできるかもしれませんが、
他の人ができるように
セオリーに落とし込めますか?

 

 

こんなケースがたくさんあります!

 

 

それだけ自分の想いと、
「マーケット=お客様の欲求」は
かけ離れていると思ってください。
ズレがあるということです。

 

 

正直に言って、
自分のこだわりは正確ではありません。

 

 

これは私でさえそうなのです。
であれば私はどうしてるか、

 

 

信頼できる人に「相談」しています。

 

 

それともう一つ、
「テスト(数字)」します。

 

 

どんな商品が今売れるのか。

 

 

相談とテストは
一人では難しいですし、
分かる人に聞かないといけません。

 

 

自分は「売るモノ」を持っていない。
自分の「サービス」は世の中に通用するのか。
自分の「商品」の表現はあっているのか。

 

 

相談する手間を惜しまないでください。

 

 

90分一本勝負
2017年の「勝つための最短ルート」を完成させる

WWFスーパーヘビー級 個別セッション

〜人生には〝勝負する時〟ではなく、
 〝勝負できる時〟がある〜

今、あなたの勝負の時を答え合わせすることを、
強くオススメします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://fanmake-writing.com/?p=1670?mg0209
 

16601915_1778961065463423_3320552596143404265_o.jpg