「これでいいのか」「このままでいいのかな」と不安を感じているときの解消手段


 

自分がやってきたことと、
お客様が求めていること、
そして、
まだ誰もやっていないこと。

 

 

この3つが合わされば、
いわゆる「最強」なのです!

 

 

この最強の領域を見つけるまでに
試行錯誤を繰り返すことを恐れてはいけません。

 

 

ましてや、そこに至るまでの「変化」を
怖がってはいけません。

 

 

できることなら、
早くその領域にたどり着きたい。
誰か教えてくれーーーーー!!!

 

 

と、聞きたくなります。

 

 

聞けばいいのではないでしょうか?!

 

 

「チェントノズ」:島津 乃州江さんは、
他人に「聞くこと」を恐れませんでした。
企画を変える「変化」を怖がりませんでした。

 

 

Facebookオペレーションは当然ながら、
島津さんはInstagramで動画ギャラリーも創り、
認知、共感を広げる戦略にチャレンジしていきました。

 

 

企画を創り直し
たった2ヶ月でファンメイクブログ、
メルマガをオープンしました!

 

 

当然ながらブログのメインビジュアルは
島津さんのデザインです。

 

 

そして3ヶ月目には、
体験会からバックエンドの商品販売につながりました。

 

 

いよいよママがブラシとパレットを持つ、
「マミーインザアトリエ」が開講するのです!

 

 

これからもたくさんの
ママと子どもの笑顔を創り出していけそうですね^^

 

 

彼女の最強の領域にたどり着いたのです。
もっともっと
その領域を広げることに主眼に置きます。

 

 

島津さんからキャンペーンPDF、

『勝つための最短距離をナビゲートする!
 WWFスーパーヘビー級ナビゲーションシステム』

の感想を頂きました!

==========

 

もしも、今自分の行なっていることに
「これでいいのかな」

「このままでいいのかな」

 

 

と思っている方には
是非ダウンロードして読んでいただきたい
PDFテキストだと改めて感じました!!

 

 

こんにちは。出村さん。
いつもお世話になっております

 

 

ママも子どもも絵ごころを育てよう
チェンとノズ マミーインザアトリエ
島津 乃州江です。

 

 

私は、子供向け絵画教室を
17年間行なってきています。
しかし、何かが足りないな。。。

 

 

このままでいいのかな。
他にもできることがあるのではないかな。
と悩んでいる時に出村さんと出会いました。

 

 

出村さんにご相談した内容は
絵画教室を行いながら

 

 

ロゴやイラストのお仕事も時々していたので
もっとこちらを伸ばしていけるのではないか。
という内容でした。

 

 

そこから直ぐに始動です!

 

 

ロゴ・キャラクターのモニターを募った時には
出村さんにご指導いただいた通りに
日々Facebookでのプロモーションをかけ
モニターは1週間足らずで満席となりました。

 

 

この結果には正直とても驚きました。

 

 

しかし、
ロゴ・キャラクターのお仕事を徐々に進めつつも
何か腑に落ちない私がいました。。。

 

 

その時、出村さんが
親子絵画教室をやってみてはどうか?
というご提案をしてくださいました。

 

 

そして、
開催した結果、「これだ!」と
見つけたのです。

 

 

本当の使命を感じた瞬間でした。

 

 

その決断は2016年の9月でした。
そこから出村さんプロデュースの元
猛スピードでブログ・メルマガを立ち上げ
2016年11月には初!

 

 

お母さんの為の
マミーインザアトリエを開催することができました。

 

 

使命感を感じてからたった2ヶ月でこのような
ことができるようになりました。

 

 

今回の出村さんのPDFテキストは、
私が本日まで伝えてきてもらったことの
ほぼ全貌が見られる内容になっています!!

 

 

これが無料で読めるとは、
とてもラッキーなことです。

 

 

起業家ママには
是非読んでいただきたいです!

 

 

また、起業してみたものの、
たった一人で悩んでいる方には
とてもおすすめです。

 

 

自分では組み立てられなかった。
組み立てる術さえ分からなかった。

 

 

その仕組み作りの手順を知ることができます!

 

 

ママも子どもも絵ごころを育てよう
チェントノズ マミーインザアトリエ
島津 乃州江

 

==========

 

 

『勝つための最短距離をナビゲートする!
 WWFスーパーヘビー級ナビゲーションシステム』

無料ダウンロードはこちらからです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://fanmake-writing.com/?page_id=26