Facebookオペレーションには投稿とコメントの両輪が必要なのです


こんにちは

Facebookファンメイクコーチ
出村 嘉章です

 

 

Facebookが〝やらされ〟になってしまう
一番の原因は、
「売上に結びつかない」
ことです。

 

 

ただ間違って欲しくないのは、
Facebookは売込みのツールではない、です。

 

 

私は、
Facebookから未来のお客様と出会う。
とは言っています。

 

 

「未来のお客様に売り込もうーー!」
なんて思っているから、
一ヶ月も経たないうちに
手応えがないと、

 

 

「あぁ〜〜、ダメだ」
になってしまうのです。

 

 

いい加減、その他責にするパターン
止めたらどうでしょうか。

 

 

まだ何にもヤリきっていないですよね。
いつまでその調子なのでしょうか…

 

 

私が関わる起業家、経営者の方々にも
伝えています。

 

 

Facebook投稿は慣れてきました。
それであれば、
「コメントはできていますか?」
と聞くと…

 

 

「まだそこまでは…

 

 

えぇーーーーー!!
ですね^^

 

 

Facebookオペレーションで
最も大切なこと、
それは「会話」です。

 

 

相手の投稿にコメントしにいかないと、
会話していることになりません。

 

 

「自分の投稿にコメントしてくれた人に、
  コメント返しはしています」

 

 

それは当たり前!!!

 

 

自分のお店に来たお客様に挨拶しますよね。
コメント返しは「挨拶」です。

 

 

私が重要視しているのは、会話です。
相手の投稿にコメントすることです。

 

 

自分からFacebookのフィードに
出歩いてください。
私は「何者」ですから、
と言いふらしに行くチャンスなのです!!

 

 

街中を走るラッピングされた
バスを思い出してください。

企業の広告が車両に載った
電車を想像してください。

 

 

かの企業広告は、
街中というフィードを走り周っています。
で、あれは有名人、著名人の
投稿のようなものです。

 

 

でもね、私やみなさんの投稿は、
そのバスが通るバス停の一つの
看板のそのまた裏側の
下の方に出された広告みたいなものです_笑!

 

 

普通の通行人の目には止まりません。

 

 

だからこそ、
「ちょっとここに私の広告が出てるから見てね!」
「そこ人ー、あなたに必要な情報ですよ!」
「あなたの友達にも知らせてくれませんか?」
と、コメントに回らないといけないのです。

 

 

あなたがどれだけ多くの人に
コメントしようが、タダです。

 

 

コメントをヤラずして、
「Facebookヤッてます!」とは
言えないのではないでしょうか。

 

 

コメントすることで、
投稿していることが生きてくることが
分かって頂けたでしょうか!!