ノルウェー発 ネットドラマ「SKAM(スカム)」がテレビとネットの常識を変えた!これを取り込むかは自分次第です


いま北欧諸国で
「スカム(恥)」というテレビ番組が
社会現象を巻き起こしているそうです。

 

 

私は先日NHKで放送された
特別番組「今、テレビはどう見られているか」
で知りました。

 

 

ノルウェーでは実に国民の4人に1人が
この番組を観ているというのです。

 

 

この番組がどのような内容かというと…

 

 

2015年9月にスタート、
現在は3シーズンまでが描かれているそうです。

 

 

ノルフェーの首都オスロの
高校に通う10代の若者たちが主人公で、
シーズンごとに主役が変わり、
若者たちのリアルな日常生活や
社会問題がテーマとなっています。

 

 

シーズン1では、
女子高生のエヴァが主役で、
彼氏との恋愛、
友達づくりの難しさ、いじめがテーマ。

 

 

宗教や外見のコンプレックスといった
社会問題や精神的ストレスも
描かれていたようです。

 

 

人気に火がついたシーズン2では、
主人公の女子高生ノーラの
周りで起こる恋愛、
強姦をテーマにしています。

 

 

レイプや恐喝といった出来事を扱い、
現地の若者たちに
いつ起こってもおかしくない日常を
描写していったそうです。

 

 

センシティブな内容ながら、
ストーリーの中での登場人物の対応に、
ノルウェー警察がSNSで賛同し、
フォローするようになったそうです。

 

 

そしてシーズン3では、
男子高校生のイーサックが主人公。

 

 

この主人公は同性愛者で、
自分をごまかし無理やり女性を
好きになろうとしたり、

 

 

周囲に打ち明けるまでの悩みを
描いていたそうです。

 

 

よくぞテレビでこれほどまでに自然に
男性同士の恋愛を描いてくれた!ということで、
多くの同性愛者に勇気を与え、
LGBT団体から大絶賛されたそうです^^

 

 

この番組のファンは
描けれている同年代の若者たちだけではなく、
大人や公務員、政治家までもが
「今日のスカム見た?」と
様々な場で話したり、

 

 

FacebookやInstagram、
SNSに書き込んで、
まさに社会現象を巻き起こしている
というのです。

 

 

と、ここで注視したいのは、
いくら若者たちのファンが多いといって、
いくら人気タレントが演じているからといって、
いくらリアルな日常を取り扱っているからといって、

 

 

何故これほどまでに
FacebookやInstagramに
テレビを観た感想や反応が書き込まれるのか、
ということです。

 

 

これこそが
「スカム(恥)」ヒットの要因であり、
現代の生態を如実に反映させた、
製作者の「意図」が仕組まれているのです。

 

 

通常のドラマは
週に1回1時間弱の放送で、
その中に各シーンがつなぎ合わされている。
という構成になっています。
(当たり前のことですが、
 これが当たり前になっている怖さです^^;)

 

17504925_1848143871878475_1458431882828667887_o.jpg

 

「スカム(恥)」は
各回の放送時間が20分と短く、
公式HPでほんの数分のシーンの映像や、
登場人物同士のSNSのやり取りが、
番組のストーリーさながら、
毎日更新されていくのが
見られる仕組みになっているのです。

 

 

そのSNSの更新の背景も、
リアルな曜日の
リアルな時間に更新されていき、

 

 

仮想のSNSと
現実がシンクロされて進んでいく
設定になっています。

 

 

あたかも自分が
ストーリー中に存在しているかのように、
登場人物とリアルに
つながっているかのように、
テレビなのかSNSなのか、

 

 

視聴者は
自分のスマホをチェックするかのごとく、
随時更新をチェックするように
なっていくのです。

 

 

そして一週間分の更新をつなぎ合わせ、
まとめて金曜日に放送する、
というスタイルなのです。

 

17239764_1848144098545119_1724482800683343003_o.jpg

 

仮想現実に引き込む
リアルさを演出するツールこそ、
スマートフォンであり、
Facebook、SNSなのです。

 

 

今までこんなテレビドラマが
あったでしょうか!
少なくとも日本にはありませんでした。

 

 

もう一つ注視したいのは、
この番組を製作しているのが、
ノルウェーの国営放送NRK、
いわゆる日本でいうNHKなのです。

 

 

スマートフォンの普及により、
テレビ離れというか、
長時間に同番組に留まらない、
という傾向は全世界的なようです。

 

 

ノルウェーでも日本と同様に、
チェーンビューイングの状態なのです。

 

 

 

起業家のみなさん、
置き換えてみてください。

 

 

あなたの扱うコンテンツが、
ライブでお客様の手元に届く
環境にあったとしたら、
どれだけお客様を驚かせられるでしょうか。

 

 

リアルに残した動画を、
お客様がいつでも見にいける
ところに置いておけたら、
どれだけファンを創れるでしょうか。

 

 

必要な人が欲しいと思っていた情報を
タイムリーにその人に届けられたら、
私ならお金を払ってでも欲しくなります。

 

 

この全ての機能は、
Facebook一つで
設定、管理ができるのです。

 

 

本当に上手くいくの?
と思っていらっしゃる方、
私の動きをチェックしておいてください!

 

 

手をこまねいてる訳にはいきません。
諸外国では、
国営放送が手がけているのです。

 

 

日本に住む私たちが、
考動に移せない理由が見当たりませんからね!

 

17493104_1847965561896306_8234329044607164680_o.jpg