動画マーケティングでFacebookを活用するための5つのポイント「その1」ーFacebook動画を直接投稿すると4倍増の理由ー


 

動画マーケティングでFacebookを活用するための
先ず一つ目のポイント
「動画を直接投稿する」です。

 

 

FacebookはYouTubeに対抗するため、
動画関連の機能のバージョンアップを
繰り返しています。

 

 

比例して、
ニュースフィードの流れてくる
動画の量も増加しています。

 

 

様々な動画編集アプリの数も
増えてきていますよね。
(そちらの解説は次のテーマとして…。)

 

 

せっかく動画に見応えある編集を加えて
配信しても、
未来のファンの目の前に表示されなければ
もったいない!!ことに
なってしまいます。

 

 

そこで今回学んでもらいたいポイントは
「動画を直接投稿する」です。

 

 

さすがに最近は、
YouTubeに一旦アップしてからFacebookに、
といった動線の動画投稿は
見なくなってきました。

 

 

その理由を解説しておきます。

 

 

添付のグラフを見ていただければ、
直接投稿した方が良いことは一目瞭然です。

 


 
ユーザーの視聴数が4倍も違うのです。

 

 

ではその理由は何故でしょうか。

 

 

みなさんもユーザーとして、
フィードに上がってくる
友達やライバルといった人たちの動画を
楽しんでいると思います。

 

 

そのときに
直接の動画か
YouTubeのリンクを貼られた動画か、
区別してクリックしますか?

 

 

ほとんどのユーザーは、
そこまで気にしていないと思います。

 

 

ではなぜこれほどまでにリーチ数が違うか、

 

 

単純に、
FacebookはYouTubeのリンクの投稿を
「拡散してない」のです。

 

 

YouTube動画をクリックされれば、
Facebookから離脱し、
外部リンクに移動してしまうケースが多くなります。

 

 

FacebookはFacebookの中に留まり、
ページビューを繰り返してもらいと思っています。

 

 

それなのに、
みすみす外部リンクを
ユーザーの目に留まりやすくはしませんよね。

 

 

だからFacebookは、
直接投稿されている動画を
よりユーザーの目に留まりやすく、
拡散しやすくしている、
と考えられるのです。

 

 

そう、これはYouTubeに限らず、
外部リンク全般に言えることです。

 

 

投稿の本文に外部リンクを貼ってしまうと、
Facebookは拡散しない傾向になります。

 

 

ファンの目の前に届けるために、
外部リンクへの動線のつなぎ方は、
注意しておく必要があります。

 

 

少なくとも動画に関しては、
直接投稿は必須ですね!