動画マーケティングでFacebookを活用するための5つのポイント「その3」ーFacebook動画にテキストは必要な理由ー


 

動画を投稿するからといって、
記事を何も書かない人がいます。

 

 

私からしてみれば、超もったいない
というよりも、
「何、手抜きしているんですかぁー!」

と言いたくなります。

 

 

Facebookユーザーは未来のお客様です。

 

 

Facebookの動画拡張機能で、
ニュースフィードに
動画が上がりやすいからといって、
月に300万件の動画がアップされるのです。

 

 

1日に換算しても10万本です_驚!

 

 

フィードをスクロールしている時、
興味を引く画像を目にしたとして、
次に目は
その投稿の記事(テキスト)に移ります。

 

 

・誰の投稿?

・何の動画?

・ここ何処?

 

 

長い文章は必要ありません。

「この動画を見てみたい」

「なんか気になるなぁー」

「ここ何処、面白そうー」など、

お客様の興味をひく「ひと文章」を添えてください。

 

 

最初から友だちでない限り、
ましてや友達だったとしても、
動画画面は
興味を引いていないとクリックしません。

 

 

今年も目黒川の桜が見に来れた、
キレイーーー!!

 

 

この美しさは動画で伝えたい!

 

 

ここまではOKです。

 

 

パッとスマホを用意して、動画撮影。

 

 

それを編集なしで投稿するにせよ、

・なぜ目黒川なのか

・誰と来ているのか

・で、あなたは感想をひと言

伝えて欲しいですね。

 

 

1投稿1アクションです。

 

 

ここでの狙いは
動画の再生ボタンをクリックです。

 

 

もっと言えば
「いいね!」のクリックも
必要ありません。

 

 

目的は動画を見てもらうことです。

 

 

ましてや「続きを読む」をクリックさせない。
短いテキストで、
エッセンスを伝えてください。

 

 

一緒に写っている人がいれば、
タグ付けや位置のチェックインは
しておきたいですね。

 

 

それだけ露出範囲が広がります。

 

 

その動画で、
あなたが何をやっている人なのか、
知ってもらうことが必要条件です。