Facebookファンメイクを3ヶ月やってみて別れる2つのタイプ


 

 

ある段階で、
ふと我に返ったように
質問してくる起業家がいます。

 

 

「いつまでFacebook投稿していれば
 いいですか?」
と。

 

 

答えはカンタン、明確です。

「ずっとです!」

 

 

Facebookファンメイクの
ノウハウで3ヶ月くらいやってみて
成果が出る人出ない人。

 

 

どう違うのか、
手っ取り早く検証すると、
そのタイプもまた明確です。

 

 

成果が出てくる人は
日頃から研究、学ぶ姿勢を
持っているのです。

 

 

いわゆる“筋がいい”人。
そして
物事を客観的に捉えられるタイプです。

 

 

出来ている人を見て、学びながら
素直に真似ていくのです。

 

 

ははーー、
こうやっていけばいいんだな。
と気づいていく訳です。

 

 

私のチームコンサルでは、
某ブロガーや人気ライターの記事を用意し、
写経していきます。

 

 

自分のコンテンツに置き換え、
人気ブロガーの人気の秘訣を
真似ていく訳です。

 

 

素直に真似る人の記事を読んでみると、
元の原稿があったなんて
誰も気づかないと思います。

 

 

それだけしっくり
ハマってくるのです。

 

 

但し
3ヶ月で手応えを感じられない人は、
言われたことを
言われたままやるタイプなのです。

 

 

自分で考えて行動するクセが
付いていないのです。

 

 

その人は写経する原稿があるのに、
どこかチグハグになってしまうのです。

 

 

言われたように
置換えをはじめるのですが、

 

 

手取り足取り
細部に至るまで与えていかないと、
直ぐに自分のパターンに
戻ってしまうのです。

 

 

一見、言われた通りにヤることが
素直なように思うかもしれませんが、

 

 

考えるクセがないので、
応用することができないのです。

 

 

で、そういう人がFacebookを
ヤリはじめたらどうなるかというと、

 

 

これまたしっくりこないのです。

 

 

「やらされFacebook」になってしまい、
会話も進まない、
手応えも感じない
挙句の果てに
全然楽しく感じなくなってくる訳です。

 

 

そりゃ、セミナーだ
体験会だと告知しても
集客はできませんよ。

 

 

私だってね、
はい、次はテーマで投稿してください!
はい、この画像使ってください!
なんて一つ一つ指導はしませんからね。

 

 

そうすると、
「いつまでFacebook投稿していれば
 いいですか?」
という質問になってくる訳です。

 

 

では、
自分で考えるクセは
どのように身に付ければいいのでしょうか。

 

 

安心してください。
「センス」は磨けます!

 

 

ちょっと想像してください。

 

 

田舎の子どもと都会の子ども。
洋服や立ち振る舞い、言動は
違ってきますよね。

 

 

いわゆる都会の子が
「垢抜けている」というヤツです。

 

 

これは何が違うのかというと、
単に育っている環境が違うのです。

 

 

私も18歳までは
石川県の田舎で暮らしていました。
小学生の頃は
野山を駈けずり回っていました。

 

 

それが高校を卒業し
上京して都会で暮らし出すと、
垢抜けてくるのです。

 

 

育つ環境が違ってくるからです。

 

 

後者のタイプの起業家も
自分が変われる環境に身を置けるか。

 

 

変化・成長の伸び代は
誰しも同じだけあるのです。

 

 

後は期間だけです。
3ヶ月で身に付く人。
半年かかる人。
1年かかる人。

 

 

できれば早く身に付けたいですねよ。
であるならば、
誰よりも多く動くこと、です!

 

 

90分一本勝負
「勝つための最短ルート」を完成させる
WWFスーパーヘビー級 個別セッション

 

 

あなたはどっちのタイプだろう。
今いる環境を変えれらないだろうか。
そうお考えの方はクリックしてみてください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
http://fanmake-writing.com/?p=1670?mg0505

 

16402672_1767359296623600_865906293112711229_o.jpg