パパ起業家に告ぐ!Facebookを使った家庭とビジネスを両立させるコツ


 

私は常に同姓として
パパ起業家に問うています。

 

 

「何のためにシゴトしていますか?
と。

 

 

やり甲斐のある仕事がしたい!
社会に貢献できる仕事がしたい!
子どもに胸を張れる仕事がしたい!

 

 

キレイごとではなく、
「仕事=人や組織に仕える事」
である以上、
人も、仕事も代わりは効くのです。

 

 

その事に対しての責任の所在は
組織全体にかかってきます。

 

 

私が求めるのは
「志事=志のある、自分に約束できる事」
です。

 

 

どれだけの男性が、
パパ起業家が、
自覚し、
責任を持ち、
意地を張っているのか…

 

 

男が、男に対して「かっこいい」と
思えるときは、
・見た目がかっこいい
・仕事ができる
・周りに気遣いできる
・頼り甲斐がある
・生き方がかっこいい
といった時です。

 

 

しかし私が本当に、
かっこいい!と思える男は、

 

 

自分の考動に対して、
自覚を持ち、
責任を持ち、
意地を貫いている人です。

 

 

その姿勢が表現できる場として、
Facebookほど潔い環境はない!と、
私は思っています。

 

 

私がFacebookを主戦場として
シゴトしているからではなく、

 

 

1日3〜5投稿してみてください。
毎日15〜20人と
FB上で会話してみてください。

 

 

嘘、偽りは愚か、
人の事を誹謗中傷したり、
他人を羨んでいる暇なんてありません。

 

 

正直、自分と今の環境を
セーブすることで
精一杯になってきます。

 

 

その観点で見ていて、
気持ちのいいくらい潔く、
私から見て「かっこいい!」
と憧れる男性起業家がいます。

 

 

それが
親勉インストラクター:
イマイ ユウヤさんです。

 

 

「何のためにシゴトしていますか?」
イマイさんに聞いた時はありません。

 

 

しかし聞かなくても分かります。
イマイさんは
「大切な家族のため」
に志事しています。

 

 

確かめたい人は、
イマイさんのメルマガを読んでみてください。

 

 

イマイ ユウヤさんの無料メルマガ
『遊ぶように勉強する子供に育てる父勉! 』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/70513

 

 

イマイさんは、
・プレーイングマネージャーとして
 働きながら会社を経営されていて、
・スタジオDJの仕事があり、
・親勉インストラクターとして
 活動しています

そして
・家族との時間を最も大切にしています

 

 

自分の「仕事」があるのです。
会社組織や取引先、
クライアント、お客様への責任を果たし、

 

 

それでいて、
遊びながら楽しむ子供を育てる学習方法を
ワーキングマザーたちと
広めていきたい!と、
「志事」を持ったのです。

 

 

99%がママ、という環境に飛び込み
親勉インストラクターとして、
自身の講座を集客しています。

 

 

行動と姿勢、お客様へのコミット…
その全てのパフォーマンスを、
1日3投稿以上Facebookから
発信しているのです。

 

 

重要なのは「公開」することです。
仕事の関係にも、
もちろん家族にも。

 

 

シゴト仲間が見ても、
イマイさんの奥様が見ても、
未来のお客様が見ても、
一本のぶっ太い軸が通った、
イマイ ユウヤなのです。

 

 

もしあなたが昨日まで、
「あんなこと投稿したら何て思われるだろう…」
「何を投稿しようか迷ってる…」
「仕事が忙しくて…」
なんて言い訳を用意していたとしたら、

 

 

小っちゃい!!!

 

 

「何のためにシゴトしているのか」
自分自身に問うてみてください。

 

 

責任を何に対して負うのですか?

 

 

潔く、
そして全てを公開してしまうこと。
先ずは自分が変わってください。
そこが起点です。

 

 

そうすれば、
ビジネスが動いてくるはずです。
家での奥さんの協力体制が
変わってくるはずです。

 

 

「戦わずして勝つ!」Facebook戦略は、
家庭をも円滑にしていくのです。

 

 

守るべきバックがしっかり治れば、
ビジネスへ流れがつながっていく
自然の定理なのです。

 

 

ぜひ、イマイさんのメルマガから
成功のためのモデリング材料を
手に入れてください!

 

 

イマイ ユウヤさんの無料メルマガ
『遊ぶように勉強する子供に育てる父勉! 』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/70513