フェイスブックで何を発信したら良いのか不明確な時の答え


整体集客アドバイザー:長谷川さんは、

 

 

web関連のセミナー講師を
やられていただけあり、

 

 

SNSの知識は豊富で、
それぞれの特性においても
しっかりと理解しておられました。

 

 

しかし知識が先行し、
何を発信していったらいいのか、
手詰まり感に陥っていました。

 

 

セルフパフォーマンスとは何か、
USPとは何か、
私自身の事例をもとに
詳しくタイムラインを〝見て〟もらいました。

 

 

フェイスブックは〝見せる〟メディアです。

 

 

実際に〝見て〟、自分に置き換えてもらう事が
一番の近道なのです!

 

 

フェイスブックで何を発信したらいいのか
迷ったり、悩んでいるとしたら、

 

 

手っ取り早くは
できている人から見て学んでください。

 

 

あなたには
あなたの理想のやり方があるでしょう。

 

 

フェイスブックには
日本だけで2,700万人のユーザーがいます。

 

 

その中に人は、
「この人の投稿は面白い!」
という先駆者がいるはずです。

 

 

自分でニュースフィードを探し、
研究してください。

 

 

人から強制されるより<
自分でヤると決めること(コミット)が
大切なのです。

 

 

長谷川さんから
ハラオチの感想が送られてきました^^!

 

==========

 

先日は新しい気づきを

 

たくさん与えて
いただきありがとうございました。

 

こちらのフェイスブックに関する悩みを
1から10まで聞いていただき、

 

形式的な助言ではなく、
私の今の状態に合わせて
わかりやすく説明していただきました。

 

特に感動したのは、
まずゴールを明確にした上での
フェイスブックの使い方や
必要性についての説明です。

 

私もフェイスブックを仕事として
行うことは理解してましたが、

 

どの方向を目指して
発信していくかが不明確でした。

 

そのため投稿内容が偏りがちで、
読み手がどのように感じ
行動するかまで
考えててませんでした。

 

でも出村さんからの
事例を使った説明を聞くことで、

 

自分の中で発信する
内容が明確になり、

 

今では自分を見失わず、
伝えることを意識して
発信することが出来るようになりました。

 

もちろん文章内容については
まだまだなところもありますが、

 

そこは未来ある課題として
受け止め頑張っていきたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

長谷川 昌孝

==========

 

長谷川さんのフェイスブック投稿が
変わっていきます!!