オンリーワンビジネスをはき違えている起業家へ、真似るべきはイチローではなく、クリスティアーノ・ロナウドです


 

私たちは(起業家に限らず)
「オリジナル」
「オンリーワン」という言葉に魅かれます。

 

 

特にビジネスにおいては、
自分だけのオリジナルに憧れます。

 

 

芸能人やアーティスト、
スポーツ選手のように、
「個」として認められることに
自分の存在価値を見出そうとしています。

 

 

確かに一見、カッコイイですよね!

 

 

イチロー選手や
クリスティアーノ・ロナウド選手のように
唯一無二の存在として、
世界中の人々から認められ、
歴史に名を残す。

 

 

世界的な名声を手に入れるとしても、
イチロー選手、というより
イチロー選手のお父さん:チチローと、
サッカーの
クリスティアーノ・ロナウド選手では、
スタートラインに大きな違いがあるのです。
(野球とサッカーの違いではありません^^)

 

 

私たちのビジネスに目を戻します。

 

 

歴史に名を残すことは大き過ぎるとして、
この時代の話題をさらう、
業界のトップを目指す、
そのくらいは出来そうな気がします。

 

 

しかし、
オンリーワンをはき違えないでください
考えてみてください。

 

 

あなたが急な病気で倒れてしまったら
どうなるでしょうか。

 

 

誰か代わりにセミナーで話してくれますか。
クライアントの打合せを延期できますか。
月末の支払いを理解している人はいますか。

 

 

イチロー選手が引退してしまえば、
イチロー選手の代わりはいません。

 

 

そっくりさんはいたとしても、
イチロー選手と
同じパフォーマンスは出来ないのです。

 

 

個人起業家の限界もここにあります。

 

 

確かに予定は
自由にスケジューリングできます。

人に会うのも誰の許可もいりません。

自分の裁量で判断できます。

 

 

但し、代わりがいません。

 

 

病気で入院するぐらいなら
Facebookの投稿はできます。

 

 

あの堀江貴文さんは、
刑務所の中からでも
メルマガを配信していたと言います。

 

 

そこまで、やりますか??^^苦笑

 

 

Webのプログラミングも、
ビジネスの仕組みづくりも同じです。

 

 

最初からゴールを
“想定”して組立てていかないと、
途中で受け皿は差し替えられません。

 

 

あなたのビジネスは、
一人で行いますか。

チームで行いますか。

 

 

イチロー選手のお父さんは、
イチロー選手を
一人だけ育てようと思っていました。

 

 

クリスティアーノ・ロナウド選手は、
自分の子ども達で
サッカーチームを創ろうとしています。

 

 

彼はまだ結婚もしていないのに、
彼のDNAを受け継いだ子どもが
5人もいるそうです。

 

 

最初から、
一人でやるビジネスなのか、
チームでやるビジネスなのか、
想定しておくことが必要なのです。

 

 

「個」のチカラは「1」です。
今は3倍のチカラが発揮できたとしても、
10年後も同じパフォーマンスが
維持できているとは限りません。

 

 

最初からチームを想定しておけば、
あなたのビジネスは
1+1+1…か、
1×1×1…になっている可能性があるのです。

 

 

では、あなたは
どんな立場でいるべきなのか。

 

 

みなと一緒にチームでビジネスを構築する、
という意図を持ったリーダーとなるのです。

 

 

チームとしての成果を高めるための
リーダーシップを持つこと。

 

 

3年後、
今思い描くヴィジョンを実現させるには、
リーダーであることが必須条件なのです。

 

 

10年後も生き残るために!