すでにダブルワークをやっているからこそ、売上アップ・増収増益は“受け皿”を作っておかないと損をする!


 

今回、
 習慣を変えた
 たった1%のサラリーマンの成功事例を一挙公開!

Facebookを100%味方にする
 起業のためのファンメイクセミナー

 〜起業家の節税対策付き〜』

→ http://fanmake-writing.com/?p=2620

 

 

を開催するにあたり、私は

・サラリーマンとのダブルワークを得て独立

・今でもサラリーマンとの二足のわらじ

・実名を公開せず、ビジネスネーム

それでいて、
サラリーマン時代を超える収入を取っていらっしゃる
数名の起業家仲間に声をかけています。

 

 

理由は簡単、
私一人の事例より、
置き換え事例、成功事例が多い方が、
理解は深まります。
それで紹介させてもらい
と思ったのです。

 

 

サラリーマンの方々の話を聞いていると、

・ダブルワークは可能なのか

・ダブルワークしてきた人たちの事例を知りたい

・Facebookは別アカウントを作った方が良いのか

・起業のタイミングはいつが良いのか

・会社にバレたらどうしよう…

という声をよく聞いたからです。

 

 

それには、
先達者の事例が最も分かりやすいですからね!

 

 

私は、サラリーマンの方々が
身近なところから置き換えられ、
それでいて実践的に活動していらっしゃる
起業家さんをピックアップしていきました。

 

 

その中で、
親勉シニアインストラクター
ムラマツハルさんにも、
「セミナー内でご紹介させて頂いて良いか」

声を掛けさせて頂きました。

 

 

当然、ムラマツさんから
「OK!」の快い承諾を頂きました。

 

 

ムラマツさん自身、
また企業にお勤めしながらのダブルワーク。
Facebookのプロフィール写真の顔は
微妙に見えません_笑!

 

 

そしてお名前もちょっと細工^^

 

 

そんなムラマツさんも、

「どんな紹介をされるのだろう」

「ビジネスの関連性が気になる」

ということで、
セミナーにも参加したい、と
(偵察のために^^)ご応募頂きました。

 

 

今回のセミナーの内容は、
大きく分けて6つのカテゴリーから構成しています。

 

 

その中でも目玉は
前述した「実践者の成功事例」と、

 

 

「起業家のための節税対策」
なのです!
ここに一番時間を割いています。

 

 

起業家たるもの、
節税しないのは大損である!

 

 

せっかく稼いだお金を、
みすみす税金で払うのはちょっとどうか…_苦!

 

 

というのが私の持論です。
そんな視点から、

税理士さんは絶対に教えない内容を
盛り込んでいます。

 

 

何と言っても私は、
前職の「人材派遣会社経営」から
今の「起業家プロデュース」まで、
17年連続の黒字経営をしていますからね!

 

 

そんな親勉シニアインストラクター
ムラマツハルさんから、
ハラオチした感想を頂きました!

 

============

資料も大変見やすく、
お話も理路整然としており、
とてもわかりやすい講座でした。

 

特に印象的だったのが、「節税対策」

 

サラリーマンとして、
Wワークで起業しているからこそ、

持っておいた方がいい、この知識。

 

節税対策がほぼ出来ないに等しい、
と言われているサラリーマンが、
起業をすることで、
節税対策が出来るようになる。

 

特に、
サラリーマンをしていると、
勝手に徴収されるので、

意識が薄れがちになる「税金」のこと。

 

私は、
企業で経理経験があるので、

大体の経理の仕組みは知っていますが、

 

出村さんの税金のお話は、
一般的な経理の話ではなく、

「節税」にフォーカスした内容であることが、
実に新鮮で、目からウロコでした。

 

早速、
行動に移らせていただきます。

 

また、
ビジネスモデルのお話では、
10年以上前に、
ロバートキヨサキ氏の著書で学んだ内容を、

久しぶりに目の当たりにしました。

 

当時、半信半疑で読んだ内容が、
改めて真実なのだと、

出村さんの言葉で、
ご説明いただいたことで腑に落ち、

 

今後の人生を歩んでいく上で、
とても大切なことを
思い出させて頂いたと感じました。

 

貴重なお話をどうもありがとうございました。

 

親勉シニアインストラクター
ムラマツハル

============

 

ムラマツさん、
ありがとうございました!

 

1,500人以上のママが読む、
ムラマツさんの無料メルマガ配信中です
 
『海外育児経験でわかった! 
 史上最短で英語が身につく親勉キッズの育て方』
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://goo.gl/7JA6mU