元SMAP3人のSNS戦略、Facebook担当は誰なのか?


 

先日、解散した元SMAPの3人が、
今後の活動について
新聞紙面で公式ファンサイト
『新しい地図』の開設を発表しました。

 

 

サイトには新しい出発をイメージした
動画も公開されていました。

 

 

その後、
稲垣 吾郎さんは「ブログ」
草彅 剛さんは「YouTube」
香取 慎吾さんは「Instagram」と、
それぞれの特性を生かした
WEB戦略の活動拠点を発表されました。

 

 

その発表を見て、

「あれ、
 誰もFacebookは使わないの?」

と、思った起業家もいたのではないでしょうか

 

 

「Facebookはもう古いのかな?!」
とかね。。。

 

 

そこで、
私なりの見解をお伝えしようと思います。

 

 

先ず3人の
今後の活動を整理してみます。

 

 

もちろん、
ご本人たちに聞いた訳ではありません。
TVやネットで見聞きした範囲です。

 

 

稲垣さんは、
TVや俳優としてだけでなく、
作家として
執筆活動をされていくそうです。

 

 

草彅さんは、
俳優としてスキルが認められています。
その活動や、
様々なイベントのプロデュースも
手がけられていくそうです。

 

 

香取さんは、
バラエティーの出演だけでなく、
アーティストとして
活動の幅を広げていかれるそうです。

 

 

と、ここでお解りのように、
それぞれの特性を生かせる
WEBメディア、SNSを
活動のステージに選択しています。

 

 

作家を目指すのであれば、
ブログで
文章力を魅せていきたいですよね。

 

 

あのピース又吉さんのブログも
「レベルが高い」と
評判になっています。

 

 

同じように体重をかけていきたい、
ということなのでしょう。

 

 

俳優としてだけでなく、
映画への造詣や、
バラエティーで魅せる創造力は、
文章や静止画ではなく、
動画で観てみたいと思います。

 

 

クオリティーが高い
アーティスティックな創造性は
Instagramがぴったりです。

 

 

そこは
「Facebookじゃない」と
言い切れます。

 

 

但し、
Facebookはダメ、
Facebookはもう古い、
と言っているのではありません。

 

 

古いというのであれば、
ブログの方が古いです_苦笑!)

 

 

それぞれの得意分野(コンテンツ)に合う
WEBメディアを活用する。
ただそれだけです。

 

 

ましてや芸能人、ミュージシャンで
そもそもFacebookを活用している人は
極一部です。

 

 

一方で
Instagram、Twitterをやっている人は
比較的多いです。

 

 

これらは
発信しっぱなしにできるからです。

 

 

「見せたい」なら、
Instagramユーザーはそれを求めています。

 

 

Twitterは「つぶやき」、
その言葉は「流れて」いきます。

 

 

Facebookは「会話」していくことで、
自分の思いや考え方、人間力を
認知してもらうのです。

 

 

多くの共感を得たいからと言って、
私は全てのお客様から
共感を得られるとは思っていません。

 

 

昨日も、
「出村さんのメルマガいつも読んでいますが、
 5投稿はさすがにキツいです…」
と言われました_苦笑!

 

 

そのフィールドで芸能人、有名人が
「いいね!」「コメント」
してしまうことは、
自分の“好み”を特定、選別してしまいます。

 

 

彼らのお客様は「みんな」です。
バックエンドはテレビ視聴、
何千人のイベント集客なのですから。

 

 

一人の好みを選びたくても選べません。

 

 

私たちのお客様は「一人」。
その出会いたいお客様に出会うこと、
それがFacebookの目的です。

 

 

自分の商品、コンテンツが欲しい、
と言ってくれるお客様と
出会う場所のです。

 

 

その何者たるか、
「売るモノ」
「売る場所」
「集客動線」
が明確になっていますか否か、
なのです。

 

 

それであれば、
起業家としてFacebookの特性が
生かせているといえるでしょうか。

 

 

元SMAPの3人は
新たなフィールドを求めて、

「売るモノ」
「売る場所」
「集客動線」

を明確にしたSNS戦略を打ち立てたのです!
 
 

あなたの

「売るモノ」
「売る場所」
「集客動線」

を明確にしたいのなら、

 

 

ダブルワーク起業した
ビジネスマンの成功事例を一挙公開!
『Facebookを100%味方にする
 起業のためのファンメイクセミナー
 〜起業家の節税対策付き〜』
→ http://fanmake-writing.com/?p=2620?mg1005

を活用してみてください!