プライベートとビジネスの人間関係は鏡の法則



私:
「コーチングを通して新たな発見はありましたか?」

長井さん:
「自分では明確にしたつもりが、

 またまだ足りていなかったことを痛感しました」

 

 

最も大切な人との関係、過ごす時間について、
今のままで良いのか答え合せのため、

 

 

神奈川で会社経営する長井 剛敏さんが、
プライオリティ・コーチングの無料モニターに
来てくださいました。

 

 

人間関係は双方の意志の疎通が大切です。
ましてや人は知らず知らずのうちに、
自分のパターンを持ってしまいます。

 

 

そうすることで、相手との距離感を
自分ペースに取ってしまいがちです。

 

 

「こうしてあげたい」と
一方的に思っていても、
相手が求めているのか分からないのです。

 

 

私:
「社員さんたちとの関係はどうですか?」

長井さん:
「言われてみれば同じかもしれませんね」

 

 

大切な人とのプライベートの関係と、
社員さん、仕事仲間との関係って、
実は密接に反映しているんですよねー!

 

 

私自身もそうだったから分かるのです。

 

 

最も大切な人…、
私にとってそれは妻と娘です。

 

 

その二人との最良な関係なくして、
シゴト仲間、
クライントの起業家・経営者のみなさんとの
最良な関係なんて気づけません。

 

 

家族との関係は上手くいってないけれど、
シゴト仲間とは上手くやれています。
なんて長続きしないと思います。

 

 

その逆もまた真なり。
そのシェアを長井さんとし合いました。

 

 

気付いたことを素直に受け止め、
変化・成長にチャレンジする長井さん、
格好いいです!!

 

 

永井さんからコーチングの感想を頂きました^^

 

==========

 

「普段社員にどう接していますか?」
思いもよらない質問に戸惑ってしまいましたが、
言われてみれば納得することばかりでした。

 

自分では明確にしていたつもりですが、
まだまだ足りなかったことと痛感しました。

 

もっと自分を知ること。

 

妻とどうなりたいのか、
社員にどうなってもらいたいのか、
自分がそのビジョンを明確に持っていませんでした。

 

もっと簡単に考えて良いんですね!
ということに気づけました。

 

宿題に取り掛かります^^

==========

 

長井さん、ありがとうございました!