答えは自分が持っている、という証拠〜プライオリティ・コーチング編〜


 

Otavert代表・管理栄養士:緑川 涼佳さんに、
プライオリティ・コーチング 無料モニター_2ndに
参加していただきました。

 

 

今回のテーマは、
「社会に役に立つには何ができるか」
コーチングを行っていきました。

 

 

学生時代から「食」について学び、
食べることも大好きな緑川さんにとって、
やりたい事、
できる事はどんな内容なのか、
一緒に未来のキャンパスに描いていきました。

 

 

ふと、
緑川さんの思考が止まりかけ、
言葉に行き詰まったとき、
私は視点を変えるつもりで、
「最近やって楽しかったことは何ですか?」
と問い直しました。

 

 

すると、
緑川さんから意外な言葉が返ってきました。
「一旦、食から離れてみることです」と。

 

 

コンサルタントや先生として関わっていれば、
こんな答えには行き着かなかったでしょう。

 

 

そのときの緑川さんの表情は、
モヤモヤが晴れた、
スッキリした笑顔になっていました。

 

 

私が提案したのではなく、
答えは緑川さんが持っていた証拠です。

 

 

コーチング後に、
スッキリ笑顔の感想をいただきました。

 

 

==========

心のモヤモヤが
少しづつ整理されていくのが感じられました。

 

自分がやってみたことで、
自分の能力を生かせそうな取り組みが見つけられました。

 

やりたい事とできる事の両輪が回っていく感覚で、
とてもワクワクしています!

9月の目標にチャレンジします!

==========

 

「食」から一旦離れた緑川さんが、
どのようなチャレンジを起こしていくのか、
楽しみ楽しみ^^!

 

 

緑川さんのブログ
『〜食の多様性でもっと知的に、もっと美しく〜
 日本の食 知的美人化計画』
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://ameblo.jp/saya-labo/