小学4年生からの感想「すごく胸に響きました!」から思うこと


 

Facebookでは表立って書いておりませんが、
ここは“気に入った人”だけが見に来る
ブログですから公表すると…

 

 

私は愛娘が通う公立小学校の
PTA会長を努めています。

 

 

私が目指す“影”の肩書きは、
(子ども達のプライバシー保護が
 叫ばれるこの時代にあって)
「日本一 SNS投稿をしているPTA会長」

 

 

その会長としての役割が
先日回ってきました。

 

 

3月と言えば、
そう、卒業式です。

 

 

学校の式典には必ずあるんですよね〜、
校長先生とPTA会長の式辞。

 

 

今年 私が卒業生に贈ったテーマは
「愛と感謝のリレーション」

 

 

卒業式で
「愛」と「感謝」を堂々と語りました!

 

 

肝心の内容がどんなだったか、
細かい文章はここでは省きます。
(私のアカデミーで公開しようかな^^+)

 

 

内容に関してはお伝えしませんが、
実際にどのような反響があったのか、
シェアしたいと思います。

 

 

その1)

控え室に戻ってから区の教育委員の方から、
「出村さん、すごいですね〜!」
と声をかけられました。

 

 

(これくらいは朝めし前_ww)

 

 

その2)

PTA役員のママからは、
「話しながらステージの前に
 出てくるんじゃないかと思いました!」
と、躍動感ある
フィードバックをいただきました

 

 

(本当は歩き回りたかったくらいです^^+)

 

 

その3)

参列していた卒業生の保護者から、
「前の話までは眠かったけど、
 一気に目が覚めました!」と。

 

 

これも嬉しいお言葉です!

 

 

本来であれば、
式辞の模様を私個人のブログに
アップしたいところですが、
この時代、そうもいかず…

 

 

自画自賛する訳ではなく、
本当にたくさんの感想、
フィードバックをいただきました。

 

 

その中で一番嬉しかったのは、
式に参列していた在校生である
4年生の女の子がかけてくれた言葉でした。

 

 

卒業式の翌日は土曜日でした。

 

 

最寄りの私鉄の駅前で、
ちょっと気の早い地元自治会主催の
「桜祭り」が催されていました。

 

 

私が普通に駅に向かっていると、
お祭りに遊びに来ていたであろう、
小学4年生5、6人の女の子の集団が
私の方に駆けて来ました。

 

 

「会長、こんにちは!」
「こんにちは!」と、
口々に挨拶してくれました。

 

 

今まではこんな親近感を感じた
行為はなかったので、
それだけで嬉しく思いました。

 

 

その中の一人の女の子が
私に向かって言いました。

 

 

「会長の昨日のお話、胸に響きました!
 ありがとうございました」

 

 

な、な、なんと嬉しい言葉だろう_泣)

 

 

小学校4年生が、
「胸に響きました」
なんて言葉使いするんだ〜

 

 

その場で嬉し泣きしそうになり、
「ありがとう!」
と返すのが精一杯でした。

 

 

別に自慢したい訳ではありません。
何が言いたいのか??!

 

 

単純です。

 

 

みなさん、
「愛」「感謝」を素直に伝えていますか?!

 

 

みーーーーーんな好きなんですよ、
この類の話し。

 

 

本当はみんな、感動したり、
熱くなったりしたいんですよ!

 

 

嫌いな人いますか、愛と感謝?!

 

 

聞いたことないですよ、
嫌いな人なんて。

 

 

だったら恥ずかしがってないで、
堂々と伝えようよ、愛と感謝。

 

 

私たち大人が口にしなければ、
誰が子ども達に
愛と感謝を伝えるのですか?

 

 

子ども達世代に何を残しますか??

 

 

物事はっきり伝えない
引っ込み思案な性格を残しますか。

マンガやゲームに没頭する
習慣を残しますか。

国の負債を返し続ける
労働者としての生き方を残しますか。

 

 

愛と感謝こそ、伝承していきましょう。

 

 

それが私たち大人の、親の、責任です。

 

 

素直に口にしただけで、
人と人の関係が
グーーーーーンと近づいたりするんですよ!!

 

 

ぜひチャレンジしていきましょう。

 

 

もし、お互いに言い出しづらい
関係の人がいたら言ってください。

 

 

私が代わりに伝えてあげますから!
それくらい朝めし前です_ww