応援してくれる人、感謝してくれる人を全力で応援する_その2 〜人はみな 未熟なものだから〜


 

人は自分から
周りに壁を作ってしまう時がある。

 

 

しかし気にしているくらい
実は他人は何とも思っていないもんだ。
とお伝えしました。

 

 

(たくさんの共感をいただきました、
 やっぱりみんなもそう思ってたんですね^^)

 

 

「応援してくれる人、
 感謝してくれる人を全力で応援する」
→ http://fanmake-writing.com/?p=3396

 

 

今日はまた違った視点から、
人の心理について考えてみたいと思います。

 

 

私が最も尊敬する、
能力開発、人格形成のマスター
株式会社AWARENESS:高橋 敏浩代表は、

 

 

23年間にわたり
その道を進んで来られています。

 

 

師を尊敬する要因はいくつもありますが、
その一つに、

「自分がやったことしか伝えていない」

という凄まじい達成能力があります。

 

 

コミットメントの深さと言いますか。
自らの可能性に
一片の迷いがないと言いますか。

 

 

そんな師に以前、
このように質問したことがありました。

 

 

23年間も続けて来てると、
たくさんの出会いがあったはずです。
同じように、
別れもあったと思います。

 

 

その別れの際に、
どんな風に考えていらっしゃるのか。
どのようなモチベーションでいるのか。
聞いてみたかったのです。

 

 

師は端的に
このように答えてくださいました。

 

 

=====

(自分も含めて)人はみんな未熟なんだ

 

自分にまだ未熟なところが
あったのかもしれない。

 

もっと自分に能力があれば、
彼を(彼女を)救ってあげられたのに。

 

そんな風に思っているんですよ。

=====

 

 

そう語る師匠の目に
幾ばくかの悲しみを感じつつ、
人間はみな未熟だろ?!と言える人に
感動しました。

 

 

別のリーダーにも
同じように聞いてみました。

 

 

=====

人の出入りなんて回転扉のようなモノ。

 

たくさんの人が入ってきたけれど、
たくさんの人が出ていった。

 

私は出入りを繰り返す人間なのか、
扉の中で見守る人間なのか…、
そこが決めておくことが重要でした。

 

いなくなった人も大勢いる
だけど残っている人の絆は固い。

=====

 

 

出て行く人を責めていません。
どちらが良いなんて、
ひょっとすると死に際でさえ
答えはないのかもしれません。

 

 

人間はみな、
自分の居場所を探しています。
そして未熟な生き物なのです。

 

 

であるならば、縁する人に、
パスポートを渡してあげましょう。
ポイントカードだっていい!

 

 

いつでも戻ってきて良いですよ。
当店の会員証の有効期限は死ぬまでです、
ってね^^☆

 

 

戻ってきた時に
変わらぬ笑顔で迎え入れてあげる。
変わらぬ態度で接する。
そこに人としての価値が問われるのです。

 

 

いなくなった人にフォーカスするのではなく。
今目の前にいる人に
エネルギーを注ぎたいものです。

 

 

ネガティブなことや
怒りにエネルギーを使うのは
もったいない!!

 

 

ポジティブなことにエネルギーを
注ぎ込むことで、
未熟な私も少しづつ少しづつ
成長できているようです^^+

 

 

「愛」と「感謝」を
エネルギーに変換していきます。

 

 

最後に高橋マスターコーチから
教えていただいた言葉を添えます。

「愛」と「感謝」に勝る能力はない。