Facebookから個別相談への動線をどのように作ればよいのかの答え


昨日3/20に、このメルマガを
配信するとFB告知しておきながら、
配信できませんでした。
 

読者のみなさん、
申し訳ありませんでした!


本日、
愛娘の保育園の卒園式が行われました。
父兄・保護者代表の挨拶を申し受け、
そのネタを考えていたら…、


はい、言い訳です!!
本当に申し訳ありませんでした!!


今日私が何を話したか…
それは編集後記でお伝えします。


こんにちは
集まる集客®ファンメイクコーチ
出村 嘉章です。


私の主宰する
ファンメイクライティング・アカデミー生である


「3年間つぶれない飲食開業メソッド」
を提案する、
飲食集客プランナー:石井 浩昭さんと
ライティングセッションをおこないました。





石井さんの相談内容は、
Facebookから個別相談への
 動線をどのように作ればよいのか
というものでした。


そこで私が話したのは、
そもそもFacebookで
個別相談への仕込み投稿ができているのか。


それも、お客様の悩みを解決すべく
「USP」投稿となっているのか。


ここでいうUSPとは、
賢明な読者のみなさんはご存知の通り


お客様への究極のコミットメント
です。


お客様へのコミットを、
ラブレターで伝えるのです。


具体的には…

1日目
WHY:なぜ行うのか、やる理由


2日目
WHAT:だから「飲食人革命」なんです!


3日目
WHY:なぜ今なのか


4日目
WHY:他のコンサルとどう違うのか


5日目
WHY:なぜ石井さんじゃなければいけないのか


6日目
HOW:「個別相談会」告知


これが「ラブレター構造」です。


6日目のHOWの告知以降は、
個別相談会へのURL(ブログ)
載せていくのです。


このテーマで1日1投稿づつ行っていくこと。


7日目以降は
またWHYから「2周目」
入ればいいのです。


これがFacebookからの集客動線です。


ここでさらに事前準備するモノが
2つ必要になります。


1.個別相談会の日程

2.お申し込みのランディングページ


この事前準備の2つのポイントについては
明日またお答えしていきます。


お楽しみにしてください!


<編集後記>

今日私が娘の卒園式で挨拶したテーマは、
変わるモノと変わらないモノ」です。


この挨拶も実は
ラブレター構造」で原稿を作りました。
*)ショートバージョンです


WHY:(変わるモノ)
子どもの成長


WHAT:(変らないモノ)
お父さんお母さん、
保育園で過ごした時間と学んだこと


HOW
安心していつも思い出すこと


この変わるのモノを、
歴代オリンピックの記憶という
「ものさし」でお伝えしました。


聞く人が置き換えられる
ものさしになりますからね。


このことに関しても2日前から、
オリンピックネタをFacebookで
仕込み投稿していました。


そんな伏線もあるのです。


そういった意味でも、
FB投稿のネタはどこにでもあるんです。
参考にしていただけたらと思います。
 
 
「Facebookがシゴトにつながらない起業家のための
 Facebookお悩み解決個別セッション」
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://fanmake-writing.com/?p=784mg0321