今ある顧客動線を活用して20名の動員を得る方法


今日の東京は風が強く、
むちゃくちゃ冷たかったですね…( ; ; )

 

 

こんにちは
気力で風邪菌を寄せ付けない

Facebookファンメイクコーチ
出村 嘉章です

 

 

昨日は売り上げを継続するために、いや
ビジネスを継続して勝つためには、

 

 

・売るモノ
・売る場所
・集客動線
の「3つの要素」が必要です、
とお伝えしました。

 

 

この3つの要素がなければ、
ライバルとのステージにも立てない時代。

 

 

ノウハウ然り、
Webの技術も「無料」になってしまいました。

 

 

では、3つの要素が揃っているならば
その次にしなければいけないことは…

 

 

「仕組み」にしていくことです。

 

 

それぞれの要素が〝生きてくる〟ために
稼働させていくことが重要なのです。

 

 

先ず「集客動線」から見ていきましょう!

 

 

あなたはいくつの集客の入り口を
持っていますか?

 

 

・Facebook
・YouTube
・Instagram
・LINE@

 

 

または、
・ブログ
・メルマガ

 

 

リアルに、
・リピーターからの口コミ
・起業家仲間からの紹介
・コミュニティ …

 

 

入り口はいくつあってもいいのです。

 

 

その中でも
「自分が一番得意なこと」
「自分の一番効率の良い入り口」
「コストがかからない方法」

 

 

きちんと分析できているでしょうか。

 

 

これができているかにより、
あなたのスタートからゴールまでの
「時間」が測れてくるのです。

 

 

例えば、
Facebookのタイムラインにセミナー告知が
30投稿流れたとして、
10名のセミナー応募があった。

 

 

一方で、メルマガで2度のセミナー告知を行い
5名のセミナー応募があった。

 

 

前回までの参加者の紹介で
5名の応募があった。

 

 

合計20名です。

 

 

例えば、
有料のFacebook広告を出して、
メルマガ登録に1リスト獲得に2,000円かかる
と言われている時期。

 

 

メルマガ登録者の5人に
一人がセミナー応募してきたとして
同じく20名の応募を得るのに
¥200,000かかります

 

 

これも、効率良く
Facebook広告を出すノウハウを持っていれば
の話です。

 

 

では、前者の方法が本当に正攻法なのかというと、
手間ヒマはかかります。

 

 

但し、私がなぜその方法を
重要視しているかというと、

 

 

お客様に知ってもらうまでに、
何度も何度も見てもらえるからなのです。

 

 

お客様は自分自身が気付いていない時期から、
「なんだこの人は?」
と潜在的な興味を抱いてくれるようになり、

 

 

いつもFacebookのタイムラインに
流れてくるようになったあなたの投稿を、
いつしか「待つ」ようになるのです。

 

 

そして「楽しみ」にするようになるのです。

 

 

たった1回の¥200,000の費用をかけて
興味を引き付けた20名のお客様もいます。

 

 

一方で潜在層のころから顕在化してきた…、
いわゆる「ファン化」してきた
お客様20名がいます。

 

 

あなたはどちらのタイプのお客様を得たいと思いますか。

 

 

手間ヒマかけるだけでなく、
効率良く顧客ファン化動線を創れる方法を
ご自身に置き換えてみてください!

 

 

90分一本勝負
2017年の「勝つための最短ルート」を完成させる
WWFスーパーヘビー級 個別セッション
〜人生には〝勝負する時〟ではなく、
 〝勝負できる時〟がある〜

 

 

今、あなたの勝負の時を答え合わせすることを、
強くオススメします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://fanmake-writing.com/?p=1670?mg0207
 

スクリーンショット 2017-02-07 22.06.15.png