女性を、社会を、輝かせるコメント


フェイスブックでは
未来のお客様との信頼を築いていきます。

しかし売り込みはNG。
だとしたら何を行なっていくか、

共感を得、
信頼されるようになっていくことが、
お客様をファン化していくことに
繋がります。

その為に先ずは人に喜んでもらうことです。
手っ取り早く女性に喜んでもらうこと。

女性が喜べば、男性も得をします。
(悲しいかなその逆はありません)
この真理を理解し、
フェイスブックのコメントで表現しているのが、

家事代行のブルーブルー代表
:野地 数正氏です。

野地氏の行っているビジネス自体が、
家庭の家事を軽減することにより、
女性に輝いてもらいたい。

活動的な女性が余暇を持てば、
社会が活性化する、ということです。

置き換えれば、
フェイスブックというコミュニティでも
女性が輝けば、
全体が活性化してくる。

野地氏がフェイスブック上で行った戦略とは…

とりわけ野地さんがとった考動が
女性に特化していた訳ではありません。

但し志事のコンセプトが
「女性を輝かせる」な為、
多くの女性を味方にできます。

それでいて人そのものの心理も
良く理解されています。

野地さんの繰り出すコメントは実に端的です。

そして相手のハートを捉えています。
できるビジネスマンらしく、
言葉も多くありません。

その人が何を伝えたかったのかを捉え、
一言のコメントを残す。
そこに会話のリズムが生じます。

野地さんはコメントを女性だけに
行っていたわけではありません。

相手の気持ちを理解し、
コメントできる方です。
男性を輝かせることも容易いです。

そして野地さんを中心に、
輝くコミュニティが形成されていくのです。

野地さんだからできると取るか、
真似てみるかはあなた次第です。