今さら聞けない…、Facebookをビジネスとして利用する際のマナーを知りたい!


ビューティーコンサルタント:
T.Yさんは、

 

 

知り合いや口コミ、
リピーターに頼る集客を脱却したく、

 

 

FacebookによるWeb戦略
思い描いていました

 

 

しかし元々Webが得意な訳ではなく、
Facebookもブログも、
見よう見真似ではじめていたそすです。

 

 

しかし不安に思っていたのが、
Facebook上でのマナーした。

 

 

投稿には慣れてきたものの、
ビジネスと捉えた時に、

 

 

友人たちに失礼はしていないだろうか?

既存のお客様は見てくれているだろうか?

お客様に届いているだろうか?

ということでした。

 

 

そこで私がお伝えしたのは、

Facebookはコミュニティです。

リアルな人のつながりと同じです。

ということです。

 

 

実はむやみやたらに街頭で演説していることと
同じことをしてしまっているかもしれません。

 

 

届けるお客様を決めていますか?

 

 

片っ端から言いたいことだけ、
伝えたいことだけ、
発信してしまっているかもしれないのです。

 

 

先ず気づいてください。
一方的に送られてくる
エステサロンのキャンペーン情報、

詳細まで見ていますか?

 

 

飲食チェーン店の
新店情報、必要に感じていますか?

 

 

自分では見ていない発信のスタイルを、
真似てみたところで、
お客様も同じ状態です。

 

 

リアルな出会いの場と同じです。
Facebookは実名で発信しているコミュニテイです。

 

 

リアルな交流会で、
いきなり自分の商品を売り込んでくる人と
また会いたいと思いますか。

 

 

ただ名刺を配りまくっている人からのメール、
うざったくありませんか。

 

 

初対面なのに、
人の悪口や会社の愚痴を言う人と
会話したいと思いますか。

 

 

Facebookも同じです!

 

 

T.Yさんの専門分野で、
お客様の喜ぶ顔を創ってあげること。

 

 

どうやったらお客様が笑顔になるか、
その一点だけを想像してください!

 

 

形式ばった言葉は必要ありません。
無理に伝えるのではなく、
笑顔で近づいていってください。
(あんまり笑顔で近づき過ぎると、
 交流会の場でも気持ち悪がられますけどね^^;)

 

 

できることなら、
お客様の笑顔
を文章で表現してください!

 

 

すでにお越しになっているお客様の笑顔。

 

 

これができると、
最高のマナーを備えた投稿になるはずです。

 

 

田代さんから、
ステキなご感想をいただきました!

 

========== 

たった一人のファンに絞り込むという事が
大事だということ、
なりたい自分を思い描くこと、

 

とても自分に響きました。

 

色々説明して頂いて
それぞれの意味がよくわかりました。

 

Facebookから始まり、
ブログ、
メールマガジンの
活用など

 

それぞれの意味や効果も
なるほどと思いました。

 

出村さんに頂いたヒント、
5投稿20コメント、
積極的なコミュニケーション、
自分が何屋さんか?
の発信、

 

はじめてみたいと思います。

 

==========

 

T.Yさんの投稿が変わります!!