3年後、人が雇えなく倒産する中小企業が増える時代が来る


 

こんにちは
仕組みづくりプロデューサー
出村 嘉章です

 

 

唐突ですが、
中小企業の経営者のみなさん、

 

 

今から3年後の2022年には、
新卒・中途採用を問わず、
人を雇えなくて倒産する中小企業が増える、
と言われています。

 

 

そんな時代に際し、
「我が社は大丈夫、
 対策は取っているから。」

 

 

と自信を持って言える経営者さんは
どのくらいいらっしゃるでしょうか。

 

 

あなたの会社は大丈夫ですか?!

 

 

私は別に脅している訳では
ありませんm(_ _)m

 

 

どちらかと言えば、
事前対応しておくまでは、
みなさんと同じ、
“そちら側の人間”だったのです_ww

 

 

ではどのような準備・対策をしたから
今があるのか。

 

 

その考え方を、
ブログ読者にだけ
お伝えしようと思います。

 

 

題して、

働き方」ではなく、働く“考え方”を改革する
 〜3年後、
 人が雇えなく倒産する
 中小企業が増える時代が来る〜

 

 

始まり始まりーーー!!!

 

 

まず初めに、
経営者のみなさんであれば
ご存知と思います。

 

 

2019年4月に、
「働き方改革」が施行されました。

 

 

その背景にあるには、
「日本の人口減少」にあります

 

 

・高齢化社会
・外国人の受入増加
・AI時代の到来

 

 

明らかにこれからの日本は
労働力不足に陥るのです。

 

 

(別に職そのものが 
 無くなるわけではありません)

 

 

ですから政府は、
労働力を外国人に頼ろうとしています。

 

 

2020_東京オリパラリンピック
2025_大阪万博

 

 

に向けて、
外国人労働者の受入を拡大しています。

 

 

我々の親世代の介護を含めた特
定技能の在留外国人は、
この5年で35万人も増えました。

 

 

「働き方改革」の施行により、
大企業でさえ、

 

 

・No残業

・福利厚生の充実

・副業支援

 

 

をHPでうたっていないと、
新卒の応募が減ってくる
時代になっているのです…

 

 

一方でご承知の通り、
私は“悲観主義”ではありません。

 

 

ですからこのメルマガでは、
これからの時代を生き抜く考え方、
具体的な策を提案したいと思います。

 

 

当然その時代背景を以って、
私たちビジネスマン全体が生き抜く、
勝ち抜く考え方を提案していきます。

 

 

それが、
「戦わずして勝つ!」の真髄なのだから、
私はなんとしてでも伝えたい!

 

 

それはまた明日に続けます>_<!