今さら聞けないFacebookのマナー「友達リクエスト編」_時間をかけずに効率的に有効な友達とつながる方法(その1)


 

 

ブログ読者さんに限って言えば、
Facebookの友達申請で、
「友達」ボタンをポチッと押して終わり。
メッセージなし。
なんて人はいないと思います。

 

 

“表”の投稿にコメントを入れて、
その後に友達リクエスト。
その順番でも二歩譲りOKと思います。

 

 

但し、
表の投稿のコメントに、

「友達申請させて頂きました。
 よろしくお願いします」

なんてコメントはノーーーー!です。

 

 

投稿内容と全く関係ないですよね。

 

 

やはり、
コメントを入れた上で、
申請のメッセージを添える、
というのが
当然のマナーではないでしょうか。

 

 

さて、本題です。

 

 

私は
主宰する起業家育成アカデミーで話します。

有効有益な友達とつながるように、と。

 

 

いわゆる
「戦略的な友達づくり」です。

 

 

私の知る限りの最速は、
美ジネスStageUPプロデューサー
岩瀬 保奈美さんの
1週間で1,100人です。

 

 

当然、
有効有益な友達が1,100人です。

 

 

では、どうやって彼女が
たった一週間という短期間で
限られた時間の中で
友達を増やしていったのか、
その具体的な方法をお伝えします。

 

 

「Facebookがシゴト」と捉え、
自分発信を始めたとしても、
FB友達の数が「1,000未満」では
話になりません。

 

 

拡散力が足りないのです。

 

 

友達200〜400。
Facebookがシゴトと捉えていない、
リアルな友達層がメインでは、

 

 

あなたが何者なのか、
露出の範囲、認知の幅が
絶対的に足りません。

 

 

美しい女性であれば、
プロフィール写真を変えただけで、
ドッと友達申請が送られてくるでしょう^^笑!
(その99%はビジネスと
 全く関係のない人たちです)

 

 

私もそうでしたが、
男はちょっと難しいですね^^;

 

 

最低でも1,000人の友達を
目標にしてください。
その次は
1,500人、
2,000と増やしていくことです。

 

 

そして、
プラス「コメント」という
推進力が付いてこそ、
はじめてあなたが
何者なのか
フィードに拡散されていくと
思ってください。

 

 

世の中には
「友達5,000人グループ」
というのがあります。

 

 

そこに登録して、
メンバーの友達ボタンを片っ端から押せば、
(もちろんメッセージナシでOK)
無言で承認してくる。
というグループです。

 

 

そのグループの言い分はたった一つ
「数の論理」です。

 

 

私に言わせればそんなモノ、
数のうちに入りません!

 

 

私もね。
そのグループの中で
「友達ボタン」を押して
みたことはあります。

 

 

その結果、
一時は投稿の「いいね!」が増えます。

 

 

しかしその内に減ってきて、
いつしかその人たちは私の投稿に
来なくなりました^^+

 

 

私は
「おはようおじさん」や
「5,000人グループ」を
公に否定しているので、
嫌われたのだと思います_^^笑!

 

 

話を本題に戻します。
では、
どうやって友達を増やしたらいいのか…

 

 

美ジネスStageUPプロデューサー
岩瀬 保奈美さんは
たった1週間で有効有益な友達を
1,100人増やせました。

 

 

どうやって彼女が
一週間という短期間で、
限られた時間の中で
友達を増やしていけたのか、
その具体的な方法をお伝えします。

 

 

と言いたいのですが、
前半部分が長くなってしまいました。

 

 

この続きは「その2」で具体的に解説します。

→ http://fanmake-writing.com/?p=2311

 

 

できればパソコン画面を見ながら
この続きをお読みください。

 

 

その方法は、
スマホでやるのはシンドいです。

 

 

個別セッションにお越し頂ければ、
事細かにあなたの
タイムラインを覗きながら、
今お持ちの動線をチェックできます。

 

 

 

ダブルワーク起業したビジネスマンの
成功事例を一挙公開!

『Facebookを100%味方にする
 起業のためのファンメイクセミナー

 〜起業家の節税対策付き〜』

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダブルワーク起業したビジネスマンの成功事例を一挙公開! Facebookを100%味方にする起業のためのファンメイクセミナー 〜起業家の節税対策付き〜