ビジネス上の必要スキルはモテる男とモテない男のLINEの違いから紐解ける


 

メールより様々なメッセージやチャットツールでビジネス会話を進めていることが多いのではないでしょうか?
その中でこの人との会話のラリーはノンストレスだなーと思う対象が、あなたも誰か思い当たるかもしれません。

 
例えば、
モテる男のLINEの特徴、この人は実際にモテるだろうぁーと思う男性のLINEは、相手の女性が気持ち良く返信できるポイントを突いています


まず一つ目の特徴は、LINEの文章が短い。
基本は一行で収まる短文で、要点だけを送っています


ダラダラ長い文章は相手の時間を奪うだけです。
逆に「はい」「りょうかい」だけでは、時に「この人 何を考えてるのか分からない」と言われてしまうので、注意してくださいね


ビジネスにおいてチャットのラリーは明らかにシゴトのし易さや進捗に影響がありますので、この記事では『モテる男とモテない男のLINEの違い』から参考にしていきましょう!

 
 
 

これからのチームビルディング、ビジネスのスタンダードは相手をひとりぼっちにさせない

 
グループLINEでも一対一においても、コメントを送りっぱなし、放置されていると寂しいですよね

モテる男は相手のコメントを放置させません。必ずコメント返しする。
ひとりぼっちにされる寂しさを知っているのです.....


LINEだからSNSだからと軽く思わないことです。人望がある人、モテる男は、どんなシーンにおいても相手を見ています。
その思いは必ず相手に伝わるのです。


時と場合によってはスタンプ一つ送って届ける。この気持ちが大切
 
 
 
 

“楽しい気持ちになれる場所”の配慮をしていますか?

「身体がダルい」
「仕事に行きたくない」
「今日も疲れた…」

なんて一言がLINEで流れてきたら、どんな対応をしていますか


モテる男性からのLINEには、ポジティブワードしか流れてきません。
そんな彼らとのLINEは楽しい気持ちにさせてくれる場所です


女性に対しても、ウィットに富んでいて
「これ、いいと思わない?」
「こんなの好きだと思う!」

と、相手の女性が「疲れてるかもしれない」という時こそ、思わずニコッとしたくなる一枚の画像を送ってくれるものだと思いませんか?

 
ちょっとしたマメさが、モテる男の秘訣です




「後で連絡します」の一言が大切

忙しい時に大切な人から、もしくは重要な要件のLINEが入る。
早く返信したいのに、目の前のミーティングがあるので返信できない…


こんな状況下では、頭の中では返信の文章を考えてしまいミーティングに集中できません。
そんなとき、「後ほど連絡します!」と一言添えるだけで両方が解決します。もっと言うと、気持ちを健全に保つことができますね。


その場で一言返信しておき、後でゆっくり文章を返せば良い。
この一時レスをすることにより自分も安心でき、目の前の時間に全身全霊で取り組めることになるのでシゴトの精度も格段に上がるでしょう

 
モテる男は女性に対しても同じ。仕事中に大切な女性からの連絡があっても先延ばしにはしません、マメさが大切です!


デジタル社会においても対ヒトのコミュニケーションは必要です。



昨今、
あなたも頻繁にDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉やWeb記事を目にすることも多いと思います。

はっきりと想像するのにはまだ理解が難しいな〜とお考えの場合は、以下、経済産業省から共有されている内容をこの機会に一読してみるのもいいでしょう。


デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)を取りまとめました

(引用元:経済産業省 ニュースリリースアーカイブ)


どんなにコミュニケーションがデジタル化しても、“顧客心理”の視点は、ビジネス・あらゆるマーケティングにおいて外せないことなのです。




アニキのオンラインキャンパスでも、毎月第四月曜日に
『Society5.0時代を迎えるFuture Visionメイキング』
〜2030年のビジネスを創造する〜
 
を開催しており、DXについても進めている企業の実例に触れていますので是非ご参加ください。
単発参加でも 、定期サロンでもご参加・活用できます!

詳細は以下から
↓↓


<Future Visionメイキングとは>
・未来を思い描く、あなたのステージ
・今のあなたのコンテンツに何が適しているのか、
 参加同士でブレインストーミングしていきます
・独創的なアイデアが湧いてきます

<こんなイメージです>
1.Society1.0〜4.0の概要を知る
2.デジタルテクノロジーの進化で生活インフラはこうなっていく
3.私たちが手にする、目にするツールはこんなカタチになっていく
4.ユーザーはどのように情報を選んでいくのかだから
5.私たちはこんな準備をしておけば良い