自分の志事に誇りを持つために必要なこと〔仕事・志事・適職〕ミッションが繋ぐ


まず、何のために働くかを考えてみませんか?
 
日々やっている仕事に関係なく、そもそも何のために働くのか。
働く目的が明確になっていますか?
 

働く目的を自分に問い掛けできているでしょうか

「何のために働くのか」
「誰のために仕事するのか」
「本当にやりたい事は何なのか」
 

ここに人生で最も手にしたい感情と、人生のミッションがつながっている事が重要です。ということは、働く目的より先に「人生の目的」「ミッション」を明確にする必要があります
 

カッコいい言葉でなくて構いません。自分の心に響くことが大切です
 
何のために、誰のために、働くのかを考える。
 
 
そこからがスタートです
 
 
 
 

ミッションステートメントをつくる

自分の働く意義に一本のぶっ太い軸を通すために、ミッションステートメントをつくることをオススメします

何のために生きているのか、誰のために働くのか、端的に一文で表現してみてください
コツは、

✔︎自分自身の心に響く言葉で、
✔︎その言葉を聞くだけで行動に移せて、
✔︎シゴトにもプライベートにも共通すること

誰に言うものではありません。自分が心に唱え、「オレって最高ー!」と思える言葉にしてください!!
 
 
「愛と感謝を土台に、圧倒的なパフォーマンスとコーチングスキルを以って、縁する人たちに肯定的な変化を与える能力的リーダー」
 
これが私のミッションステートメントです
 
 
 
 

ミッションを叶える志事は何かを考える

「新しい事業を構築したい」
「ビジネスのステージを上げたい」
「最高のパフォーマンスを発揮したい」

クライアントの相談に対して私に何ができて、何をしたいのか
 

課題を聞くカウンセラーになりたいのか、
事業のコンサルティングをしてあげたいのか、
直接答えを提示してあげたいのか…
 

クライアントが想像もしていなかった根本的な解決策を、クライアントの内側から引き出すアシスト
クライアントに地味な第二象限の習慣化を決断させる
私のミッションを叶えるコーチングという志事です
 
 
 
 

走りだしたら止まらない!ミッションと天職の関係

目的、方向性が合致していない企業や組織、仲間たちとシゴトしていても、長続きはしないものです。
我慢はどこかのタイミングで齟齬を起こしてしまいます
 

だからこそリーダーはビジョンを掲げることが必要なのです。
 
この指止まれ!」とばかりに、目的、価値観を明確に示し、共感・共鳴する人に伝えることです
 

“根っこ”がガッチリと絡み合うことで、ちょっとやそっとの風雨ではびくともしない、強固なチームが出来上がっていきます
 
 
私自身、どんな風雨がきても揺るがない、チームを作り上げていくことがミッションであり、天職と感じています。
そんなチームは、走り出したら止まらない!!!
 
 
 
 

転職と天職、どちらが人生の最短ルートか?

今の仕事に満足していないからといって、転職先が充実を与えてくれる保証はありません。
意気揚々と転職したはいいが、2ヶ月後には愚痴を言っている人を何人も見てきました_ww

 
何をするにせよ、すべては自己責任。自分を源で考えないと、何をやっても人の所為にして成果は出せません

 
これからの時代、1ヶ月に一度、定期的に銀行口座にお給料を振り込んでくれる仕事はそのまま続けて、やりたいシゴトは自分で創ることを考えてください。
それが天職を見つける最短ルートです
 
 
最後に、
天職を得たとしても自分が変わらなければ、人生の充実感は味わえません。
全ては自分次第、自分が “源” でなければ始まらないのです
 
 
 
 
 
もっと自分を知りたい!
もっと早く天職を導くきっかけが欲しい!
今のうちに遅れを巻き返したい!
 
 
という方はぜひ以下活用してください



勝つための最短ルートを完成させる!90分
パーソナルセッション
 
 

■このセッションで確実に解決できること

・いま何から取り掛かればいいのかが分かる
・勝つための「仕組み」があることを知る
・何のために何を企画すればいいのかストーリーに出来る
・お客様が舞い込んでくるイメージが持てる
・FacebookやSNSで何を投稿し、何を知ってもらうのか、誰に届けるのかが分かる
・新たな集客手法に出会える