人生は占いで決めていいのか?!


人生は占いで決めていいのか?!

占いなんて当たりっこない!と思いながらも、朝のワイドショーでついつい星座占いを見てしまう…ww)多分 私だけではないはずです
 
経営者や政治家、スポーツ選手のように、勝負事の世界で生きている人たちは、占いに限らず“験を担ぐ”ことが多いように思います。手首にやたらとパワーストーンを付けている人も見かけますよね
 
経営者や政治家は、占いで人生や仕事の判断を決めているのでしょうか?
そもそも彼らだって、占いがすべて当たるなんて思っていないはずです。ましてや人生を左右されようなんて考えてもいないでしょう。占いは手段であって、ことの目的、本質ではありません。しかしなぜ歴史上の権力者たちでさえ、占い師と交流があったのか…、考えてみます
 
占いで人生を決めて言い訳がない!自分の道は自分で決める、それでも背中を押して欲しい…、そんな手段なのです
 
 
 

靴は必ず右側から履く

階段は必ず右足から上がる。大事なプレゼンのある日は必ず身に付ける下着がある。靴は右側から履く。なんでもいいですが、縁起を担ぐためのジンクスを持っている人は多いと思います
 
では、期待通りの結果が得られなかったとして、次回からそのジンクスは無視するでしょうか。「明日は左足から靴を履こう!」とかね。そう言われれば、そこまでの責任を貸している訳ではありません。ジンクスは自分自身への慣習、ルーティンのようなもの。別の見方をすれば、セットアップのための手段なのです
 
大切なのは、揺るぎない信念です。ジンクスが好機を呼ぼうが、今回は失敗しようが、一貫性を持って取り組む姿勢が大切なのです
 
 
 

今日のラッキーメニューを食べてみた

星座占いや血液型占いが、すべて当たるとしたら、世の中上手くいく人だらけになってしまいます。右に進むのも左に進むのも、誰と付き合うのも、どんな仕事を選ぶのかも、すべて占いが決めてしまう、そんな生き方求めてますか?
 
占いを否定している訳ではありません。占いは統計学に基づいた数千年の人類の知恵の集大成です。その知恵を最大限に生かしながら、決めて行動するのは自分です
 
朝のワイドショーでいってた「今日のラッキーメニュー」をランチ食べてみた。その後の商談が上手くいった。そんな時こそ「ラッキー!」と思えばいい。外れたら「自分の力が足りなかった」、そう思えることが大切です。占いが当たる外れるではなく、すべては自分の在り方です
 
 
 

占いに依存してしまった社長

以前にこんな経営者がいました。会社の移転も、社内のレイアウトも、営業先の選別も、すべて占い師にお願いしているのです。社長室の四方の壁には、魔除けだか何かのよく分からない絵が飾られていました。その金額を聞くと、驚きの値段でした!
挙句に私にこう言いました「君もやったらどうだろう?」…、「いえ、私は結構です!」と丁重にキッパリとお断りしました
 
その会社がどうなったのかといえば、まぁ、社員がコロコロと辞めて行ってました。そりゃーそうですよね。占いですべてを決める会社になんて、やり甲斐を感じられません
 
経営者の責任とは決断することです。占いは、決断に至るまでの一つの判断材料にしか過ぎません
 
 
 

ウサギと亀から学んでみた

ウサギと亀の話に続編があるのをご存知でしょうか。戦いに負けたウサギは、亀に再戦の申込みをしました。亀は考えました。そのままやったら今度こそ負けてしまうだろう、そこで“陸の戦い”だけでなく、“水の中での泳ぎ”も競争に入れました。そして見事に第二戦も勝ったのです
 
亀がその時に占いに頼ったかは別にして、私たち起業家、経営者が大切なこと。それはすべての勝負に勝つことではありません。勝つべき勝負では絶対に負けないことです
  
勝負に勝つための判断の手段として、占いやジンクスは大いに活用すべきです。自分の決断の背中を押すためにです!

 

 

“一家に一法人” どころか “一人一法人の時代”
詳しくは毎月人気のオンラインセミナーで!
↓↓

集客と節税をコントロールして資金調達する
Tax Saving Practices
『TSPオンラインセミナー』