猫も杓子も“働き方改革”。大阪府のパソコンは18:30で強制シャットダウン


今日は先に セミナー告知させていただきます。
みなさんが大好きな、「スマホ」的な奴_ww

Facebookファンメイク特別セミナー
『スマホ“大”節約術』大公開!
→ https://fanmake-writing.com/?p=2064?mg1213

1月の日程が決定しました!
ブログ読者さんに 真っ先にお伝え致しますm(_ _)m


この時期は必見です。

なぜなら、 1月からは毎年、各キャリアは
あの「◯◯割」を発表しますからね。

2020年はどのような内容・サービスになるのか
楽しみですね!

あっ、 お子様をお持ちのパパママ必見です。
なぜなら、 もう何年も取りこぼしているあの
“権利”があるからです。

その内容は、
「スマホ節約セミナー」でお伝えします。


それでは本題です。

今日のネットのニュースで見ました。

大阪府では、 来年度(秋〜冬に運用)から、
府の職員が業務で使用するパソコンを18:30になると
強制終了するシステムを導入するそうです。

もちろん、 ダラダラ残業すること、
非効率を改めるためには、いい意味での
外的コントロールは必要です。


しかし、
そのゴールや目的、 具体的な施策を示さずして、
「働き方改革」 「仕事のメリハリ」を振りかざして、
強制的に終業余儀なくすることが、
果たして 目的と合致しているのだろうか。


私は今、 某地域の教育委員会と話し合っています。
その理由は、 「教職員の離脱」です。

教員の退職率が今年だけ多い、
ということではありません。

しかし、
子どもの目線に立って考えてみると明らかです。

「◯◯先生はご病気のため学校に来れなくなりました。  
  しばらくは副校長先生が授業してくれます」

と言われて、 どんな気持ちになるでしょう…


そんな現状を目の当たりにして、
今、某地域の教育委員会と話し合っています。


「次の採用は進めているのですか」
「そもそもどのような研修をしているのですか」
「他の先生方は大丈夫ですか?」


そのような質問をしても、 次に返ってくるには
「働き方改革で、これ以上教員の労働時間は増やせないのです…」


はっ??
誰も「労働時間を増やしてください」 なんて
頼んでないですよね。


しかし… 目の前の教育委員会の職員たちも、
「働き方改革」の犠牲者なのです。


本当はこうしたら良い、 という考えはあったとしても、
働き方改革の名の下に、 新しい研修を企画する時間を持てない。


大阪府は来年度からパソコンも強制シャットダウンらしい…
野っ原で仕事するしかないらしい_ww


個人の力でどうすることも
抵抗することができないのであれば
本来の目的に返った方が良いのでしょうね。


そうです、
「自分はどうなりたいのか」


辞めていかざるを得ない先生方も、
「本当はどうなりたい」のかが明確であったなら、
違う救いの道があったのかもしれません。


やはり大切なのは、「なりたい自分」を明確にすること。
何のために働き、生きているのか。




その大切さを考えずにはいられない 2019年の年末です…







「3年後、人が雇えなく倒産する中小企業が増える時代が来る」
→ http://fanmake-writing.com/?p=3538

「経営者がお客様から選ばれるために他人任せにできない2つの要素」
→ http://fanmake-writing.com/?p=3544

「根っこがつながっている仲間と描く素晴らしいビジョン」
→  http://fanmake-writing.com/?p=3553